news

お知らせ

2022/05/08

久野新一バンドライブを鑑賞



4/24は、先日共演した麻衣子さんが参加して

いるという久野新一バンドライブを鑑賞。




蒲田は近所だがオーパスというライブは知らな

かったが、地下にある劇場型の立派な会場。




旧友のベーシスト、内田隆造氏と再開を喜ぶ。



ギター2、キーボード、ドラム、久野さんはバーカツ

ション、ボーカルを兼ねる、女性歌手2という、

豪華な編成で、古いポップス、ラテン、歌謡曲、

70年代ディスコ、アメリカンポップスと、僕らの

世代が、子供の頃から現代まで、聞いて育って

きた有名曲を、3回のステージにわけて、30曲を

歌唱、演奏、本当にお疲れさまでした。




久野さんは初めてお会いしたが、現在72才で、

80才まではライブの予定を立てているとのこと、

素晴らしい。




理工系の大学を出て、某有名グループサウンズ

(ある時代、ビートルズのような編成のロックバンド

をこう呼んでいた時代が有った)に参加した後、

インドネシア、イラク、ロシアなどで、仕事。




特に、80年のイラクで、水力発電所の設計に携

わっていたときに、爆撃など戦争を経験、91年の

ソ連崩壊時にロシアで仕事をされていたそうで、

そういう方が日本で実業家の傍ら、ボーカリスト

としてこう言うライブをされているのに驚く。




すごい方がいらっしゃるものだ。



さて、僕らが、洋楽に目覚めたのは、多分10才

くらい。



ビートルズが、デビューして、日本でも、雨の後の

タケノコのように、出てきたバンドは、




ブルーコメッツ、スバイダーズ(かまやつ)、タイガース

(沢田研二)、ビレッジシンガーズ、加山雄三とラン

チャーズ、ゴールデンカップスに、オックス、リンド

アンドリンダースなどが、記憶に残る。




個人的には、白人ロックよりも、ペレスプラドのマンボ

や、オーティス、アレサの、ソウルミュージックに痺れて

いたので、ギターやサックス、ピアノに親しんでいたの

で、自然な流れとしてジャズに興味を持つようになって

いったのだった。




久野バンドでは、その後のディスコサウンドのヒット曲

も網羅されており、10代から30代までの過去へ、1曲

ごとに、タイムマシーンのように連れて行ってくれる。




久野さんと、二人の女性歌手も、長丁場を歌い切る

素晴らしいパワーと魅力が素晴らしい。また、

バンドメンバーも。




メンバーからは、複雑な上に曲数が多いので、

また、さらに多くの人の記憶に残っているサウンド

と比較されるので、もう少し完成度を上げたかった

の声がしきりに上がっていたが、聴衆からみると、

豪華なお弁当と、懐かしい音楽の現代的再現に、

お腹いっぱいの大満足のライブだった。




個人的には、ドゥービーブラザーズや、コモドアーズ、

オハイオプレーヤーズナンバーが、懐かしくて感激

でした。また、聞きに行きたいです。





久野新一バンドライブを鑑賞
久野新一バンドライブを鑑賞

2022/05/08

ポンテマーレライブ
































サックス教室 フルート教室
アルバム 、DVD

ポンテマーレライブ
ポンテマーレライブ

2022/05/08

4/19 Kose meets Maiko live は大成功!!

サックス:フルート奏者菊地康正(KOSE)ライブは、

ゲストに、植垣麻衣子さんを迎えて開催された。



メンバー:菊地康正(ts、fl)/都丸 翔(gt)/

外山安樹子(p)/菅原正宣(b)/滝川 岳(dr)/

植垣麻衣子(vo) 流石の歌姫、植垣麻衣子さん

の追っかけ軍団それに僕の関係者で大賑わいの

ライブでした。



瀬戸カオリ門下の発表会で知り合った植垣麻衣子

さんは、まさに日本人離れした歌唱力の人。

どうしたらそんな声が出るの?と不思議だが、

それだけではなく、ソングライターでもあり、たくさん

作品があるとのこと。 僕の曲では、とりあえず、

カントリー、そしてサンバ東京横浜で参加してもらう

が、所見の曲を、歌詞までしっかり覚えて披露して

くれたことに感激。



長年の僕の信頼するメンバーとともに、才能と魅力

あふれる歌い手を迎えてのライブは楽しくてワクワク

が止まりません。 また、僕の秋田の小中学生時代の

悪ガキ仲間が3人も来てくれてこちらも感激でした。



演奏で、 Fallin' love with love(L.Hart/R.Rogers)

Manhhatan ilusions(Kose Kikuchi) Voyage(k Barron)

It might as well be spring(R.Rogers) Hard to sayI am

sorry(Chicago)

O gande amor(A.C.Jobim)



麻衣子さんのボーカルで、 その手につつまれて

(Maiko Uegaki)



Five Island country(Kose Kikuchi)

Samba Tokyo Yokohama(Kose Kikuchi)

Greatest love of all( L.Creed/M.Masser)

I wanna dance with somebody (S.Rubicam/G.R.Merill)

fly me to the moon (B,Haward) goody goody

(D.Kenny/D.K.Ruben)

you be so nice to come home(C.Porter)



また楽しい企画をお届けしたいと思います。写真は、

長島さんより提供いただきました。ありがとうござい

ました。




アルバムにはもっと多くの写真があります。

以下は、ゲストで歌ってくれた、maikoさんのブログから。

昨夜は、

Kose meets maiko @赤坂Tonalite

Sax.菊地康正さんよりお声かけ頂き、ゲスト出演させて


頂きました!!

ご来場下さいました皆様誠にありがとうございました。

そして、温かいお言葉ありがとうございました。

お楽しみ頂けましたでしょうか(^^)。

メンバーの皆さまのすんばらしい演奏、

"うーわ、今の最高にカッコ良い!"っていうワクワク

プレイの数々にテンション跳ね上がりまくりました。


お客様と目が合ってニッコリとか、楽しそうにしてる顔

見るのと同じくらい、ステージ上で、プレイヤーの方と

笑顔で笑い合う瞬間って、めっちゃ好き。


康正さんのカッコ良いオリジナル曲にも参加させて


頂けたことやまさかの自分のオリジナル曲もやらせて


頂けて、あっという間のステージでした。


たくさんの学びを次のステージへ活かしてくざすっっ。


お声かけ頂きました菊地康正さん、出会いのきっかけを

頂きました瀬戸カオリさん改めまして、ありがとう


ございました。



4/19 Kose meets Maiko live は大成功!!
4/19 Kose meets Maiko live は大成功!!

2022/05/08

4月の大阪レッスン


一昨日の、三世代会談を終えて、小学一年生となった、

菊地家の子孫末裔の、活躍を見届けると、昨日は、

大阪で、フルート、テナー、アルトと、3人のレッスンを

終了。




フルートのU氏のために、リコーダーを準備、二人で、

メロディー移調の音感トレーニング。




テナーの、Iさんは、数ヶ月ぶりだが、ライブ実戦経験を

積み上げて、著しい成長を感じる。




8月の神戸グレートブルーでのジョイントライブが楽しみ

だ。




Sax machines メンバーでもある藤井さんは、また、新しい

難曲スタンダードを持参、僕もタジタジだが、音楽は、常に

新しいことへの挑戦なのだと、言い聞かせて対応。

これでは老化する暇は無いだろう。みんなの意欲は凄いなあ。




さて、大阪から、姫路の手前の加古川へ移動して、加東市

の、W氏のログハウスへ車で向かう。




W氏は、瀬戸内海の頭島にある海の見えるレストランリ

ボーンのオーナーであり、ヨットマン、テナー吹き。




昨夜は泊めてもらい今日は、グランドピアノのある、このログ

ハウスでまた、熱血テナーレッスンが、展開された。




W氏は、半年前に、僕がFacebookで洒落た海の見える

レストランを発見、宿泊させてもらったのが縁で、僕の

サックス、オンラインコースの受講生でもあるのである。




昨夜は手作りの晩餐会、前夜祭で、地元の、ハモンドオルガン、

ピアノ奏者のIさんを交えたセッションとなった。




僕がピアノで、スタンダードナンバーを弾いて、鍵盤ハーモニカで、

彼女が、加わったり、逆にIさんのピアノに、僕がサックスで加

わったり、W氏が、サックスでくわわったりと、楽しいセッションで、

夜は更けていく。音楽で会話できるって本当に楽しい。




山の中の、人造湖のほとりのログハウス、グランドピアノで、

自宅でセッションとは、なんと贅沢なことよ。




熱血レッスンを終えて帰途の新幹線。



さて、明日4/19は、お陰で、ずいぶん多くの予約が入っているらしい。

軽い喉風邪もだいぶ収まってきた。新メンバーとの、ライブは、

どうなるのかと、ワクワクである。


4月の大阪レッスン
4月の大阪レッスン

2022/05/07

僕の好きな歌手

歌い手というのは、星の数ほど存在する。

いろいろな歌手がいて、それを好きな人、

つまりファンが存在するし、音楽の仕事

って95%以上は歌に関連する仕事だろう

と思う。



僕も、歌手に関係する仕事はたくさん

させてもらった。



仕事として関わった多く歌い手さん、

それについて、ああだこうだ言うことは

控えたい。ファンがいて、お客が集まり、

CDやダウンロード、コンサートやライブ

にお客様が来るということはそれだけ、

ニーズがあるということ。好きだ、

感動するという人がそれだけいるという

こと。



立派なこと、素晴らしいことである。



さて、自分の個人的好みの話だと、

20代は、日本人だと大橋純子さんが

好きで、アルバムを集めていたことが

ある。Simple love のヒットで話題に

なった。



バックはミノヤセントラルステーショ

ンだった。のちのそのメンバーとも

知り合うことになるのだが。



僕はもともと、ソウル好きで、アレサ、

オーティスには痺れていた。それに通

じるソウルフルな歌い手が日本にも

現れたのが、衝撃だった。時代は下り、

星のように多くの素晴らしい歌手は存在

したが、やはりミーシャの出現は衝撃

だった。



エブリシングのころは、楽曲にも恵ま

れ、その当時の楽曲群は、今でも聞い

ているくらいである。



その後に現れた、小柳ゆきにも強い

ソウルを感じて好きだった。



しばらく話題を聞かなかったのが残念

だ。



長年ご一緒している瀬戸カオリ門下

の、植垣麻衣子さんとは、最近知り

合った。ソウルにもカントリーにも

なるビブラート、突き抜ける高音と

素晴らしい表現力の歌い手さんである。



ジャズももちろんこなせるが、自身が

作曲もできる、シンガーソングライ

ターでもあり、その可能性は未知数で

ある。



とてつもないダイヤの原石なのでは?

と直観するのは僕だけだろうか?



とりあえず、僕のバンドで、4/19に、

歌ってもらうことにしたのだが、

興味のある方は、ぜひチェックして

ほしい。



プロモ動画でもその歌声が聞ける。

僕の好きな歌手
僕の好きな歌手
SCROLL
TOP